黄金色の明星

黄金色の明星を探して旅に出よう。

ぶらり安曇野2(惰性でぷらぷら to 穂高神社)

すぐ書こうと思ったんだけどさ….
ちょっと油断するとすぐ忙しくなるよね。

というわけで安曇野界隈二日目。


確か寝起きの光くん。
完全にゾンビとかしてる。







特に行くあてもないのでなんとなく面白そうな方向へフラフラ。(いつものこと)
ソーセージ有名なお店があるとのことで適当に走行。
でかい田んぼが見えてきた。
辿り着くは安曇野スイス村。






久しぶりに田んぼ見た気がするのと、やっぱり田んぼって美しい。






田んぼの目の前には道の駅みたいなのがあって、そこで木製飛行機のワークショップやってた。






おっちゃん申し訳ない、折角名前伺ったのに書くまでの期間長すぎて忘れてしまったよ….
飛行機飛ばすのめちゃくちゃうまい。
でも飛びすぎて慌てて探しに行ってて可愛かった(笑。







飛行機飛ばすおっちゃんを撮影する光
プロの眼差し。






高台を見つけると早速登りたくなるのが人のサガ。







方言書いた看板とかってすごくすき(ミーハー)





Canonさんの機材2

何を写してるのか…?


おっとこんなところにキヤノンさんの機材が






Canonさんの機材

こんなところでもキヤノンさん


何をとっているのか…











田んぼアート

田んぼアート


ててーん!
当時いだてんってドラマがやってたそうで、そのキャンペーン田んぼアート。






光と田んぼアート

光と田んぼアート


もちろん光も一緒に。






マラソン界伝説の金栗四三氏の簡易博物館。
マラソンには正直全く興味がなかったが、命かけて走ってたんだなぁという重さは十分に伝わった。
人に歴史あり、歴史に人あり。






金栗四三さんの晩年

金栗四三さんの晩年


生涯走ってたんだなぁと。






いい感じのお店

いい感じのお店


お土産屋さんの雰囲気もいい感じ。
が、この後美味いソーセージを食べるので…





顔出しパネル

顔出しパネルはやらねばならぬ


顔出しがあるとやらねばならぬ。


ソーセージ屋さん来たのはいいけど、ソーセージも撮ってなければ外観も撮り忘れてるという大失態。
Milvusで写真撮ったことだけは良く覚えてる(笑。






光の横顔

真剣な顔して特になしもしていない


ソーセージサンドを真剣に見つめる光





白黒の光の横顔

急にキリッとするよね


白黒にするとサマになる





ソーセージサンドにかぶりつく光

これがまたうまいんだ…


うまそうに食うよねぇ。






 ところ変わって穂高神社に来てみる。






すごい綺麗。(語彙力






黒い鶏

黒い鶏


近くで女性がわーきゃー言ってるのでなんだろうと思ったら立派な鶏さんが闊歩してた。
(美味しそう…..)






黒い鶏

黒い鶏2


啼きもせずじっとこちらを見つめていた
今思うと命の危機を感じていたのでは…






延命長寿立身出世

延命長寿立身出世


長生きできるかな。






穂高神社の鳥居

穂高神社の鳥居


穂高神社の鳥居

穂高神社の鳥居


鳥居は立派の一言。
周りの木々も青々しくいい香りがした。






穂高神社の茅の輪

穂高神社の茅の輪


茅の輪も素敵






安曇野の銘酒樽

安曇野の銘酒樽


全部端から飲んでいきたいよね。






孝養杉

孝養杉


神々しい。






孝養杉

孝養杉


見上げるとこんな感じ。





次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

twelve + 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2023 黄金色の明星

テーマの著者 Anders Norén

error: 写真の盗用防止で右クリック禁止しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。