黄金色の明星

黄金色の明星を探して旅に出よう。

北欧フィンランドをキエレッラ(kierrellä) ~旅する心は秋の空よりも高く飛ぶ~

フィンランドにいる友人に会いにぷらぷら

北欧kierrellä

旅の目的

  • とりあえずフィンランドに住むIlpo(イルポ)に会いにいく。
  • サウナを満喫する
  • 見たことないものを見る

ほんとにこれだけ。
特に何も考えずにフィンランドに14hくらいかけて行ってきた。
イルポには長いことあってなかったし、凄く会いたいなと思ってた。
そして北欧神話の香りする土地ってもうそれだけで魅力的だし、ちょっと海渡れば古都の残るエストニアにも行ける。
というわけでぷらぷら行ってきました。

出発

羽田空港カウンターロビー

いつきても人が沢山、出会いと別れも沢山


空港は特段いつもと変わらない雰囲気で、人の波を吸い込んでは掃き出しを繰り返しているだけ。
なんとなく撮影旅行に行くぞーっていうより高校生の夏に友達の家に行く気分になってきた。
(事実としてそれはそんなに違いはないのだけれども)






FINNAIRの航空機

FINAIRかっこいい








搭乗口

搭乗口


なんで外から撮ったんだっけ?
バスで移動したんだっけかなー。






機内食1

機内食1


機内食その1
洋風で普通に美味しい。





機内食2

機内食2


機内食2
もうちょいでヘルシンキ国際空だぞーってところで和食が出てきた。
これが最後の和食になるかもしれないのか….
普通にうまい。





到着

機内では特にトラブルもなくサクッと到着。サクッとと言っても12時間以上かかってるわけだが。
オランダ行った時よりも新鮮な気持ちでぷらぷら。

到着ロビー

到着ロビー


12時間だか14時間だかをダウンロードしたNetflixの映画で浪費してサクッと到着。
腰が痛い。
航空機内での長時間の姿勢で腰が痛くならない方法って何かいいのないのかね?
たまに通路でヨガ始める人とかいたけど、正直俺もやりたい。







ヘルシンキ国際空港内

全面ガラス張りなのにしっかり遮熱されてる


ロビーを出ると全面ガラス張りのフロア。
飛行機到着ロビーとを繋ぐ部分に降りると割と信じられないくらいの暑さを感じたんだけど、建物内は非常に快適。





味千ラーメン

まじかよ


味千ラーメンって東京にいてみることなかった(と思う)けど、国際的なお店なんですかね。
スタイリッシュすぎて逆に心配になる。






ロビーへの階段

照明いらずの明るさ


気だるい午後の日差しが入り込んでくるちょっと駅から外れた商業ビル…みたいな雰囲気をこの階段で感じた。
余計に友達んちに向かってる感が増す。






トイレ

謎のあおいモジャモジャが生えてる


飛び散らないようにするあおいモジャモジャ






トイレのピクトグラム

目がチカチカする


チカチカ






到着ロビー

到着ロビー


到着ロビーはたくさんの人がいた。
思ったより大きくもないロビーにまだ余裕がある程度の人の量。
色温度もうちょっと気にするべきだった写真ですね






空港内部

空港内部


このガラス達の遮熱性能マジですごいと思った。
日差し当たってる部分でもそんなに暑さを感じず、心地いい。
これで旭化成とかAGCでしたーとかだったらちょっと笑える






空港内部2

どこもかしこも明るい。


どっちに行っても基本ガラス張りで開放感がすごい。
飛行機の閉塞感を吹っ飛ばしてくれるような感じがする。





キオスク内部

とりあえずコンビニ行ってみるよね


空港に着いたらまず行くのがコンビニ。(キオスク)
成城石井的な雰囲気で、価格も思ってたよりかは高いけどびっくりするほどではないって感じ。
飲み物から食べ物、スイーツ、日用品なんかもちょろっと売ってて日本のコンビニと何の遜色もない。
ただ、この国ではビニール袋っていう文化が基本ないらしく、後ほど行ったスーパーでちょっと困った。






到着ロビー待ちの人々

まだかなまだかなー


到着の人を待つ人たちを眺めて外へ。






バスチケット

バスチケット


正直日本でもバスがハイパー苦手なのによく乗る気になったなと思ってる。
普通にその辺のタクシー拾えばよかったんだけど、前回の海外オランダでアラブ系のおっさんに微妙な額ぼったくられていまだにイライラしていたことと、せっかく来たんだから異国のバスくらい乗ろうぜって気持ちでチケット購入。
正しく向かえるのかはわからない。






出口の看板

出口を振り向くと


早くまた来てね!






バスの吊り革

すごい清潔な車内


今までのった数少ないバスの中でもとびっきり綺麗な車内。
超涼しい。






バス車内全景

こんな感じでバリアフリー感は特にない


全景はこんな感じ。
ステップが高く荷物持ってると非常に乗りづらかった。
車内の段差も割と高くてちょい大変。






バスの車窓から

バスの車窓から


出発進行ー






AVIAPOLISの看板

調べる気はある


この地域aviapolisっていうのかな。
aviaってaviator的な航空的な感じ?(よくわかってない)






田園風景

牛とかいないかなー


田園風景っていうより空港周りって大抵こんな感じだよね。
羽田とかは異質だと思ってる。






夏の車内

みんな静かに乗ってる


オランダで遭遇した大量のインド人グループみたいなのもいないので、車内にはバスのエンジン音と小石を弾く音、それから清潔なエアコンの音だけが響いている。
眠い。






バス停前

恐る恐るバス停を降りてみる


何となーく聞き覚えのある地名と、文字列を目に覚えたので勢いで降りてみる。
周囲の乗客は一人も降りるものはおらず、「まじか、やったか?」とか思いながら下車。






謎の銅像

魚を捕まえてるのか魚に運ばれてるのか


意図のわからない銅像を見ながらマップを確認すると、間違ってはいなかったようだ。
ホテルもあるって15分くらいの場所だったのでとりあえず最初の試練としてはまずまずな出来だ。






ヘルシンキスナップ

EU圏内のナンバーがかっこいい


当たり前だけど、車はEUのナンバープレートがついてる。
路上駐車が基本当たり前の国らしく、どの通りを見てもアブラムシみたいに順序よく車が並んでる。






ナイフストア

狩猟が盛んな国なだけある


ちょっと歩くとナイフストアが。
相棒がナイフ作りガチ勢になってからはや数年。現地の狩猟ナイフを見せようと思いちょっと立ち寄る。






ナイフの写真

PLフィルターが欲しかった…


反射がひどくて申し訳ない。
苦慮したけどどうにもならないので諦めた。






招き猫vs招き猫

どこの国行っても日本の残滓がいるの不思議


どこの国行ってもなぜかいる招き猫。
これあると日本人ホイホイだから招き猫としての役割は十二分に果たしてる。






クラウンプラザのロビー

受付女性がめちゃくちゃ優しくて助かった


ホテル到着。
拙い英語でごめんねーと話すと、お年寄りのフィンランド語よりわかりやすくて助かるわ とのこと。
現地人でもフィンランド語難しいってどないやねん。






部屋のドア

マイルーム


意外と古めな作り。






Osinko

Osinko


Osinkoビールを入手したので早速飲んでみる。
苦味の少ないテイストで飲みやすかった。
どの辺がおしんこなのかはわからない。っていうか親日感をこの時点で感じてしまう俺はちょろい。





美味しそうなポテトチップス

美味しそうなポテトチップス


何味かさっぱりわからないで買ってきたけど、ジャケが良かったのでまさにジャケ買い。
うすしおとなんかの香りと味するけどうまいからまぁよし。





エレベーターロビー

とにかく明るい


エレベーターホールもとにかく明るい。
白夜とかの関係で基本的に明るくして体内時計リセット…みたいな話なんだろうか?






ホテルの周り

日光が程よく気持ちいい


荷物をある程度置いて近所をぷらぷら。
眠い。
眠い目に木陰が優しい。






インドカレーやさん

インドカレーやさん?


インドカレー屋さんと中華料理屋さんは世界中基本的にどこ行ってもあるから安心。
食傷気味になったらこういうのに縋るに限る。






招き猫ず

みんな大好き招き猫(オランダでもいっぱいいた)


オランダにもいっぱいいたし、台湾・中国にもいっぱいいたけどフィンランドにもいた。
大人気。






ストリートアート

日本の文字だけの落書きとは違ってキュート


蒲田界隈のセンスのない文字列アートとは違って単純に可愛い。






香港樓

中国大進出


そして出ました中華料理屋さん。
もし食べ物ダメだったらここへこよう。。






ホテル入り口のオブジェ

確かこの時すでに夜だった気がする


ホテルの戻ったのが確か20:00だったような気がするけどこの明るさ。






クラウンプラザ全景

PLAZAがPIZZAに見える呪いをかけました


ホテルの外観はこんな感じ。






広い車返し

広い車返し


何台来る想定の車返しなんだろうか。





二日目の朝に続く…!

あっちこっち行くためにこの日はとっとと就寝。
でかい風呂が腰に優しい。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

1 × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2024 黄金色の明星

テーマの著者 Anders Norén

error: 写真の盗用防止で右クリック禁止しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。