黄金色の明星

黄金色の明星を探して旅に出よう。

札幌遠征~適当に進むと死ぬほど遠回りだったりするから気をつけろ~

DAY2 札幌 小樽と余市

行ける範囲でぶらつこうぜ

そんなノリで始まった二日目。
珍しく泥酔するほど飲まなかったので、シャキッと目が覚め、朝から行動開始。
酒飲みが二人で出かけたら大抵泥酔するよね?
しない?



なっちゃんの要望で余市蒸留所へ行って見ることに。
札幌駅東口で借りた営業車にのってガンガン進む。
方向もどのくらい遠いかもさして考えずとりあえず進む。

愛車のサクシード

愛車のサクシード


ちなみに借りた車はサクシード。
営業車広い!ロードスターとは大違い!
GWの一週間前に借りようとしたのが間違いだったのよ。
全店舗で残ってたのサクシードと軽トラ。
北海道クソ寒そうだし、軽トラのエアコンよかマシなんじゃないかって思った。
イカすでしょ?

そして札幌を出発し、余市蒸留所へ向かうこと数時間。
なんか港に到着。


紫空

紫空


天気もいいのか悪いのか、釣り人たちと船を眺める。




小樽の看板

そだねー

顔はめ

顔はめ


顔ハメってどうしてもやりたくなるよね。




黄色い花

なんの花だろうか。






立ち入り禁止となっちゃん

えっ俺も入っちゃダメなの?


不審者と立入禁止の看板って素敵な組み合わせ。

あんまり時間を取ってしまってもあちこちいけないってことで、釣り人と晩飯たくさん取れてるねーなんて話しして出発。
そしてさらに数時間。
もう時すでにお昼過ぎ。
朝出発したのは割と9時台だった気がする。

都内だと、3時間も車走らせたらあっという間に山梨だったり群馬だったりに行ってちょっと遊び出してる時間。
すげーな、広いな北海道。

余市蒸留所

黒川町7丁目6番地

黒川町7丁目6番地


ここに座すは
ニッカウヰスキー株式会社

ニッカウヰスキー株式会社


お邪魔しまーす。

結構中は広いのです。


蒸留所は結構賑やか

蒸留所は結構賑やか


道産子曰く、こんなに人がいるのはとても珍しいことだそうで。
直前にすごい雨降ってきたんだけど、周囲の駐車場はどこも満車。
駐車待ちの車列ができてるくらいだった。






記念に

記念に


樽vs樽






以下、所内のいろんな写真。

ニッカウヰスキー 余市蒸留所写真集

そして旅はまだまだ続く。

北海道に来て、私が一番行きたかったこと、やりたかったことが1つだけある。
それは、

洞爺湖の木刀を買う

でした。
いやさ、中学生の修学旅行で絶対買うでしょ?
男の子なら誰しもが憧れるマスターソード的存在じゃんアレ。
でも京都に行った時は買えなかったから、大人になってようやくその聖なる剣を引き抜きたかったわけよ。
でもね、北海道はでかいよ。
途方もなくでかいよ。
さっきの余市蒸留所出た時の最後の桜の写真が、カメラのExif情報によると、14:04なの。

札幌から洞爺湖への地図

札幌から洞爺湖への地図


遠いわ。
真っ直ぐ洞爺湖行かなきゃいけないレベルの遠さだったわ。
正直、本当にこのルートか余市からちょっと怪しい。
確かどっかで道間違えてすげーと大回りした記憶もある。
ただ、一つ言えるのは、
TOYA

TOYA


この外国人がきゃっきゃしてて楽しそうな洞爺湖”付近”に到着が洞爺湖付近に着いた時16:22。
もう日が暮れ始めようとしている。




ならま湖

ならま湖


洞爺湖の美しさに詫びたいそうだ。
そして北海道はあまりにも広い。
ここいらで、洞爺湖付近から洞爺湖にかけて撮影した写真も御覧下さい。
洞爺湖写真集

追記

夜はラーメン食べましたとさ

ラーメン 空

ラーメン 空

札幌ラーメン 空

札幌ラーメン 空








夜景なんかも。
すすきの夜景 写真集

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2018 黄金色の明星

テーマの著者 Anders Norén

error: 写真の盗用防止で右クリック禁止しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。